筋トレを思い立った時にまず気をつけるべき点

正しい筋トレとは一体

考えてトレーニングしましょう

筋肉も生きています。 生き物を扱うのは簡単ではありません。 筋肉の喜ばせ方を知ることにより効率よく質の良いトレーニングが出来るのではないでしょうか。 昔のイメージであれば量をこなさなければならないのですが、実は全く逆なのが判明されていますので筋トレの内容を見直してみましょう。

質の良いトレーニング

筋トレのとはいったいどのようにトレーニングするのでしょうか。 負荷を何回も何回もかけてアニメや漫画のようにトレーニングしなければならないのでしょうか。 実はそんなことはありません。 実は、筋トレは長時間やってはダメなのです。 理由はなぜでしょうか。

どこから鍛えるとよいのか

効率的なトレーニングを目指す上で、鍛えると良い部分が3つあるのをご存知でしょうか。 体幹の重要な部分を担っている筋肉です。 ウェイトリィフティング界ではビッグ3と呼ばれているそうです。 どのような筋肉で、どのようなトレーニング方法なのでしょうか。

意外と知られていない筋トレの常識

筋トレを思い立ったあなたは、自分の見た目や筋力的能力に不満や向上があってトレーニングを試みようとしていますね。
まず自分が何をしたいのか考えてみましょう。
例えば陸上の長距離選手なのに無酸素運動で瞬発的トレーニングを積み重ねて、たんぱく質をいっぱい摂ったらどうなるでしょう。
トレーニング方法が間違っているのは明らかで、体重が増えてしまい大きな筋肉が付いてしまうので長距離ランナーには向かない体格になってしまうと思います。

筋トレをしようと思い立ったらまず、最終的な自分の仕上がりを想像してみましょう。
そして、その理想に向かってトレーニング方法を考えましょう。
どうしてもトレーニング方法が思いつかない場合、もしくは決まらない場合は、書籍や教室に通うことでピンポイントにトレーニングをすることが出来るでしょう。

トレーニングの方法ももちろん大事なのですが、続けられることも重要な課題ですので、最初から無理のかかるトレーニングや目標が高すぎたりしますと、断念してしまうパターンも多いのです。
食事制限のダイエットなど良い例で、食は人間の欲の一つですから、それを制限することによりストレスが溜まり、免疫が落ちると病気になったりしやすくなるので、無理にトレーニングなどをしないようにしてください。

自分の鍛えたい部分をピンポイントに考えることと、無理なく続けられるトレーニング方法を考えるのが第一にすることといってよいでしょう。